lgf01a201410232000
赤ちゃんモデルにしたい!オーディションに応募したい!と思うのは僕も含めどの親も同じですよね。
しかし残念ながら全員が合格するはずはありません。



大勢のライバル赤ちゃんに勝つ為に赤ちゃんモデルとして向いている・合格しやすい性格というのを改めて考えてみました。


ポイント①:顔がかわいい

これは赤ちゃんモデルになる最低限の条件とも言えるはず!
大人だったら顔よりも個性や演技力などを重視されている女優・俳優さんもいますが、赤ちゃんは見た目が全て!

あれは確か二次オーディションだったでしょうか。
テアトルアカデミーで行われたのですが、時間直前に入り口で大勢のオーディション待ちの赤ちゃんがいましたがみんなびっくりする位超かわいいんです!
自惚れ&半分冗談ですが「ま、うちの子のかわいさを見せつけてやろうぜ!!へっ!」と奥さんと話しながら臨んだのですが。。。。
ヒソヒソと「あの子めっちゃかわいくない!?」「・・・うん、TVにいそう!」みたいなやり取りを何回もしていました。笑
やはり一次の書類選考段階でも顔が重視されている証拠だなと実感した瞬間でしたね。


ポイント②:なるべく、人見知りしない性格

赤ちゃんモデルとしてはこれも大事なポイントなのかもしれません。
モデルということは写真の撮影・カメラでの動画撮影がメインになると思うのですが、やはりずっと泣いていたり知らない人から顔を背ける動作が多い・極端だと仕事にならないからです。

赤ちゃんなので言っても聞かないですしこれは難しい部分ですが、初めての人の前でも平常心な位だとオーディションに受かる率は上がるかもしれません。
※絶対ではありません。

うちの子は当時結構人見知りでした。なのでこの面が不安でしたが案の定テアトルアカデミーの人を前にピーピー泣き出す!
向こうもそれは承知の事ですし、みなさんあやし方が上手くてさすがだと逆に安心感を覚えた記憶があります。


ポイント③:肌がキレイ

これも直接は関係ないかもですが、赤ちゃんの肌はきれいな方が良いに越したことはありません。
朝食の食べこぼしとかではなく「かさぶた・ひっかきキズ・たんこぶ」などです。

うちの子もなるべくキレイに見せようと思ってオーディション数週間前から転んだり爪で引っ掻いたりしないように注意したり保湿クリームでカサカサを防いでいました。


ポイント④:住んでいる地域から交通手段・距離を考える

これは後々から気付きました。
我が家からテアトルアカデミーがめちゃくちゃ遠いって事に!!笑
いや、気付かないはずもないし忘れていたわけでもないんですが、赤ちゃんを連れての移動が超大変!

まずは家から駅までタクシー。そこから新幹線。そこからテアトルアカデミーまで地下鉄。
時間もかかりますし交通費もかかります。泣
赤ちゃんは長時間連れ回すのも負担ですし、色々と荷物もあるのでお互いに疲れます。

実際には最初は書面でのオーディション、二次オーディションが面接になります。
合格後は写真撮影だけの為に足を運ぶ必要もあるのです。
もしここまで時間と交通費がかかると気付いていたら、一次合格の段階で考え直していたかもしれません。

距離・時間・お金というこのポイントはご家庭によってはクリアできる人も多いはずですが、一応こういった点もあるよというご紹介です。


でもやっぱり合格通知は嬉しい♪

うちの場合はあまり先を考えずに突っ走ってオーディションを受けました。
一応合格はしたものの結果的には何も仕事には結びつかず辞めてしまったのはちょっと勿体無い気もしますが、しょうがないですね。笑

でもやっぱりあの封筒が送られてきて「この封筒の厚さ・・・もしかして合格か!?」とドキドキして結果を喜ぶのはいい経験なのは間違いありません(●´ω`●)

実際にモデルとして所属しなくてもいいんです。
一次オーディションは家でも応募出来るしもちろん無料なのでやってみる価値はありますよ♪
合格すると賞状ももらえまずしいい思い出になります。


ぜひエントリーして家族の記念にしてみてくださいね♪