テアトルアカデミーの書類一次審査、面談の二次審査を見事合格し、入学金も払い晴れて我が子が赤ちゃんモデルになった!
と大喜びしていてある事に気が付きます。


「そもそも赤ちゃんモデルの仕事がこない場合はどうなるんだ??」


おむつモデルへの倍率は高くて難しかったとしても、他の赤ちゃんモデルとしての仕事があれば嬉しいですよね。

でも来なかった場合はどうすればいいのかというのもオーディションに参加している時には考えない事ではないでしょうか。



ちなみに我が家も考えていませんでした。笑

赤ちゃんモデルにする事だけに集中していたので、モデルになって仕事が来なかった場合なんて事は微塵も考えていませんでしたね。

いや、内心「うちの子は激かわいいから全世界からひっぱりだこだろうな。仕事来ないなんてことはありえない!」という親ばか意識が発揮していたのかもしれません。笑



テアトルアカデミーの正式な赤ちゃんモデルになると仕事の依頼はメールで届きます。

例を書くとこんな感じです。

○月○日に東京の△にて子供番組の撮影があります。

参加可能な赤ちゃんはご連絡下さい。


案件によっても変わってきますが、我が家の長男が赤ちゃんモデルになって最初に届いた仕事の連絡はこんな感じでした。

しかもですよ!

指名じゃないんです!!



赤ちゃんなので現場で泣いて収集つかなくなったり、急な病気で欠席したり、寝てしまったりと大人の予測不能な事態が起きます!

だからこそ複数の赤ちゃんが現場で待機しているというスタイルのようです。

メールで参加者を募っていたのはこうした理由からなんですね。


またこちらから「おむつのCMに出たいんですけど!」と内容をお願いする事も多分できません。

テアトルアカデミー側にTVCM制作会社などからオファーがきて初めて、赤ちゃんモデルに仕事が割り振りされる。

そんな流れだからでしょう。





なので指名じゃない時点で我が子が選ばれる確率も下がりますし、他の赤ちゃんモデルと一緒にいる時点でも確率も下がる。


「いや~赤ちゃんモデルとして本格的に活動できるのは一握りなんだなぁ!!!」

と我々夫婦は驚いた記憶がありますね。




なので赤ちゃんモデルになったからと言って100%仕事が割り振られると断言できないのが現状のようです。

テアトルアカデミーの赤ちゃんモデルは仕事こない場合もある!というのを前提にオーディションに参加してみる覚悟も必要かもしれません。



それでも赤ちゃんモデルにする意味は?

赤ちゃんモデルにしても仕事が来ない、来る確率が低いなら、わざわざお金と労力をかける意味がないのでは?と思いますよね。
もちろんその考えもわかります。


でも我が家は「赤ちゃんモデルとして合格した喜びを味わえただけで十分!」という結論でした。



もちろんTVに出て我が子のかわいい笑顔が全国に届けば嬉しいし幸せですよ?

でも、なんとなくそれ以上に「あ、別に仕事がなくてもいいのかな?」と思ったんです。

に合格の時に思いっきり喜んでしまったからかもですね。



最初のテアトルアカデミーの一次審査で賞状をもらって親戚に自慢しまくったり、二次審査で旅行気分で隣の県まで新幹線で行って面接に挑んだり、高い入学金を振り込むATMの画面を押す瞬間はやっぱり悩んだりと、赤ちゃんモデルとして正式に採用されるまでは道のりが長い。

でもその道のりが確実に家族との思い出になっていたんです。

むしろ赤ちゃんモデルの仕事がなくても、この過程だけでも体験できたので十分に幸せと断言できます。



お金も無駄になるかもしれません。
でもこの先何十年も家族の話題の1つとなり、記憶となり、「あの時がんばったな」と子育ての自信になるなら金銭面での損とは言えないのではないでしょうか?



ダメ元で応募してみる。
別に一次審査にはお金がかかるわけではありません。
無料でエントリーできます。

それで我が子には大きすぎるサイズの立派な賞状をもらってみてください!


なんだか我が子が立派に見え、期待できる存在になるはずです。

こんな気持ちを持った親のあなたを見て、子供も嫌な気分にはるはずがないですよね。


赤ちゃんモデルの仕事が来ない場合、特に何か保証がされるわけではないですが、それ以上に我が子を誇らしく思う気持ちが生まれるはずなんです。
なので僕は交通費や高い入学金を払ったことも後悔していません。


ちょっと話がそれましたが、そんな想いが伝わったらなと思います。